s13使用構築 ウルシェンツルギ

f:id:masukuman1008:20190108023248p:plain

 

S13皆さまお疲れ様でした。

 

今期初のレート2000を達成したので記事にしました。


f:id:masukuman1008:20190110235606j:plain


参考記事はこちら(転載許可済み)

mariuhohopoke.hatenadiary.jp

以下個体解説

 

f:id:masukuman1008:20190108051731g:plain

ギャラドス@メガストーン

性格 陽気

特性 威嚇→型破り

陽気ASぶっぱ余りH

 

 

技 噛み砕く 地震 氷の牙 龍の舞

 

参考元 噛み砕く 地震 身代わり 龍の舞

 


今まで1900超えた構築の大半がギャラ入だったのでギャラを使える構築を使用

今期はグロスやガルドが中盤にかけて多いと感じたのでこの技構成とした。

どうしてもマンダ軸に選出したいと思った構築が多かったためこの構成となった。

 

身代わりや挑発も十分強いのだが柔軟に選出しやすいギャラドスが一番自分の肌にあったので2000までこの構成で潜り続けた。ランドに強いのが評価ポイントで、全人類ギャラランド対面で岩石連打してくれるので2舞程してランドを落とし裏の起点にさせずラスト1体を通す動きがしやすいので本当に強いポケモンであった。

 

アイへや滝がないためabミミッキュに一方的に倒されてしまうので扱いには注意

 

きゅあぺこさんの記事の伸びもあってか技構成を認知している人が多くマンダをよく後投げされたが全員氷の牙で分からせた。

 

 

氷の牙で怯み氷は2000に乗るまで一度も引かなかったが技が環境に刺さっていたため困ったことはなかった。

自分は今まで少し耐久に割いたギャラしか使ってこなかったのだがASぶっぱでも耐久は十分確保できずっと苦手だったギャラミラーも制すことができたので構築次第でどう振っても活躍できるポケモンだと改めて感じた。


f:id:masukuman1008:20190108051835g:plain

ウルガモス@混乱実

性格 控えめ

実数値 191(244)-×-97(92)-171(4)-133(60)-134(108)

技 大文字、サイコキネシスギガドレイン、蝶の舞

参考元 技 大文字、めざ氷、ギガドレイン、蝶の舞

 

後述するゴーリの技構成の関係上ドヒドイデが見れなくなったのでサイキネを採用

副産物としてアーゴヨンや重いバシャーモジャラランガと安定して戦えるようになる。

 

めざ氷を切った代償としてマンダ軸に全く選出出来なくなってしまったが前述のギャラやパルシェンオニゴーリがいるため思ったよりは困らなかった。

 

コケコの電気Z耐え調整を施してあるのだが前に使っていた電気Zを耐えない135族抜きのウルガを使っていた影響かコケコ対面を余り作らないorミミロップを抜くことが出来なかったため自分が使うなら135族抜きでよかったのかもしれない。

 

余談だが構築の中で唯一命中95未満の技を採用し炎の体で何度も勝ちを拾った為この構築で一番運要素の強いポケモンだった。

 

f:id:masukuman1008:20190108051928g:plain

パルシェン@気合の襷

性格 陽気

特性 スキルリンク

ASぶっぱ余りd

技 氷柱ばり、アクアブレイク、氷の礫、殻を破る

※変更点なし

マンダやリザ軸、ガッサ入りに投げるポケモン

 

きゅあぺこさんの記事にある通りウルガが止まるポケモンはパルでパルで止まるポケモンウルガで起点に出来るまたマンダ軸が相手の時に初手でコータスとマンダが対面した時相手はほとんどの場合身代わりから入ってくるのでパルに素引きすることで相手のマンダの身代わりを無駄撃ちさせることが出来る。

 

上の方に来るとパルを一度マンダで削り裏のポケモンで受けて来る動きが多く見られたのでマンダパル対面は殻を破らずつららばりを押すことで大半のマンダを倒すことができ裏のガモス等を通せた。

 

余談 殻を破った後のパルシェンは特化ミミッキュのかげうちの最高乱数が33なので30以上あれば氷柱ばりを押すことで倒すことができる。

 

f:id:masukuman1008:20190108052023g:plain

 

コータス@オボンの実

 

特性 日照り

性格 穏やか

実数値 176(244)-×-162(12)-105-134(252)-40

技 ステルスロック、あくび、高速スピン、噴煙

※変更なし

カバルドンと違いゲッコウガにワンパンされないステロ撒き

また高速スピンをすることで弱点のステロを克服できる。

 

噴煙で身代わりを破壊できないポケモンやガッサに滅法弱いがコータスが弱いポケモンにもカプレヒレを除きパルシェンが有利を取れるのが強い。

 

自分への構築の副産物として、ガモスが水技を受けながら火力をあげるという恩恵が得られる。欠点をあげるとすればギャラの滝が採用しにくいことくらいだろうか

 

f:id:mariuhohopoke:20181106104528g:plain

カミツルギ@悪Z

特性 ビーストブースト

性格 臆病 (ビーストブーストでSが上がる)

実数値 157(180)-176-151-×-61(76)-177(252)

技 リーフブレード、聖なる剣、辻斬り、剣舞

 

痒いところに手が届くスーパーマン

バンギ入りや中盤個人的に多く見られたレヒレドランを見る枠

 

カプレヒレ・バンギがいたら基本このポケモンを投げる。

本来なら止められるゲッコウガやゲンガーS110未満のスカーフ勢に強い

この構築で唯一岩の一貫が切れているので相手のランドがスカーフの場合ウルガ対面いわなだれに合わせてツルギに引き剣舞→Sブーストの流れを決めることで3タテする流れが多かった。臆病ツルギでなければ拾えなかった試合が多く本構築の裏エースにふさわしいと感じた。

 

剣舞を積まないと落とす範囲が狭いorマンダ軸にスキしか見せないのはご愛嬌


f:id:masukuman1008:20190108052409g:plain

特性 ムラっけ→フリーズスキン

性格 陽気

実数値 155-172(252)-100-×-101(4)-167(252)

技 八つ当たり、地震、大爆発、氷の礫

参考元 八つ当たり、地震、大爆発、氷の礫

 

本構築のMVP

17〜18帯前半では受け構築が多く見られたので、零度を採用していたが

上に行くとヒードラン+カグヤorナットレイを採用した受け構築が多く

ヒードランに零度を外してワンパンされたりするのが弱いと感じたので

地震を採用し地震でドランを飛ばし裏から出てきたカグヤナットを爆発で崩す動きが多かったです。副産物として数を多少増やしているエンペや守らず突っ張るバシャへの打点となった。

 

コータスの選出誘導力もあり挑発を持ったポケモンやあくびループを切るためのポケモンを初手に投げてゴーリに挑発を打ったりや身代わりを残さないように立ち回る相手に対してメガで殴って壊滅させる流れが多かった。

(例 コケコ テテフ グライオン ジャラランガ

崩しの駒と言うよりはコータスの初手の誘導力を生かした選出が多く重いポケモンを持って行き裏のポケモンを通す流れが多かったです。

 

カワセミさんも言ってましたが、メガオニゴーリは強くないけど残飯ゴーリ前提で立ち回ると軽く3タテされるポケモンなので先入観ってすごいと思いました(小並感)

 

絶対零度を切った影響でドヒドイデやレヒレに弱くなったが、ツルギウルガで十分見れると感じたため選択は間違っていなかった。

 

最終日に零度にしましたが零度にするととりあえず出して零度を打って負け筋を作っていたので、その点については選択ミスだったのかなと思いました。

 

重いポケモン・構築

スカガブ

めざ炎レヒレ

風船ドラン

挑発持ちテテフ、ゲッコ

瞑想身代わりor挑発コケコ

マンダドランレヒレ

 

ポケモン勝てる時は精神も安定してないと勝てないので運負けや宇宙プレイで負けてもしょうがないことはしょうがないで流せる時が一番精神的に楽かなと思います。

(後択負けでキレないこと)

 

※最終日の僕はしょっぱな3連怯みや3連麻痺を引いて荒れてしまいましたが。。。

 

後ポモチベが出ない時は無理にやっても損なので、2000だけでも達成したいと言う方はシーズン序盤か中盤に自分が使えそうな上位構築を組んで使い続け自分が使いやすい又は刺さってるなと思う調整にカスタマイズすることが大事です。

僕は構築を組むのが下手なので自分の勝てない構築にいつまでも拘ってもストレスが溜まるだけかなと、、、。

勝てない以上はポケモンは構築✖️プレイングなのでどちらかが欠けていますね。

 

参考記事※無断なので問題があれば削除します。

www.ponz-poke.com

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

構築を真似させていただいたきゅあぺこさん

 

僕のポモチベを上げてくださったらいてふさん、ライさん、ライアんさん

その他応援してくださった皆様のおかげで初2000を達成できました。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

来期はスマブラします。